FC2ブログ

常磐線水戸駅

こんばんは。
今回は水戸駅です。
水戸駅01

水戸駅は水郡線、常磐線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が接続し、水戸線の一部列車が乗り入れます。
水戸駅02

水戸駅03

改札口は結構広め。
水戸駅04

こちらは北口。いわゆる旧市街で雑居ビルが多かったような印象です。
水戸駅05

水戸黄門像もあります。
水戸駅06

水戸駅08

北口駅舎は少し草臥れた印象。
水戸駅07

こちらは南口。まさに現代建築といった趣のエクセルみなみ。地上6階建てになります。
水戸駅09

OPAの入るこちらは2008年竣工の水戸サウスタワー。12階建ての商業施設です。
水戸駅10

こちらはCOMBOX310というシネコンや商業施設が低層階に入り、6階以上にダイワロイネットホテルが入る13階建ての複合商業施設です。
水戸駅11

向かいにはホテルテラスザガーデン水戸があります。
水戸駅12

すべてペデストリアンデッキで接続され、地上部はターミナルになっています。
水戸駅13

水戸駅14

水戸駅15

土地に余裕があるからかあまり高層ビルはないようです。
水戸駅16

水戸駅17

駅に戻り、鹿島臨海鉄道へ。
水戸駅18

このときはガルパン列車でした。ちなみにWW2で最も好きなのはIS-2です。
水戸駅19

車両は結構傷んでますね…
水戸駅20

ソミュアS35は数少ないフランスの傑作戦車
水戸駅21

ルノーFTの後ろがARL-44重戦車。少数生産されただけで開発力に劣るフランス戦車らしい性能です。
水戸駅22

水戸駅23

水戸駅24

こちらはラッピングなしの車両。
水戸駅26

水戸駅27

そしてアクアワールドラッピング。
水戸駅29

水戸駅28

以上です。

鉄道コム
スポンサーサイト

郡山駅

こんばんは。

今回は郡山駅です。
郡山駅01

郡山駅は東北本線、磐越西線、磐越東線、水郡線に東北新幹線が接続する結節点です。
駅が位置する郡山市は人口33万人、県庁所在地の福島市よりも人口は多いです。
そんな郡山駅西口に聳えるのが、地上24階建て高さ133mの「ビッグアイ」。
郡山駅02

跨線橋から。よく目立ちます。
郡山駅06

駅は新幹線が島式単式ホーム2面5線、在来線が島式単式切り欠き式3面6線に貨物駅が付属します。
郡山駅05

新幹線改札など中央改札は西側にあります。
郡山駅03

郡山駅04

貨物駅は駅の東側。
郡山駅07

この影響か、東側はあまり利用者が多くない印象です。
郡山駅08

たまたま遭遇HD300。
郡山駅09

会津若松までは結構利用者がいる様子。
郡山駅12

郡山駅14

磐越東線はキハ100形
郡山駅15

水郡線で水戸駅を目指します。
郡山駅17

以上です。
郡山駅16

鉄道コム

烏山線烏山駅

こんばんは。
今回は烏山線烏山駅です。
烏山駅01

観光案内板。
烏山駅02

駅前広場。商店が少しあります。
烏山駅03

市営バスを使えば真岡線市塙駅まで出ることが可能です。
烏山駅04

こちらはコミュニティバス。
烏山駅06

駅舎。小洒落た新しい駅です。
烏山駅05

腕木式信号機が安置されています。
烏山駅11

停車場線。商店はいくつかありますが、人気は少ないです。
烏山駅07

一応メインストリート?
烏山駅09

やはり人は少ないです。
烏山駅10

駅に戻り、端部。
烏山駅12

剛体架線を利用した充電設備。
烏山駅13

改札は窓口改札+ICカード簡易改札機。
烏山駅08

ホームは単式ホーム1面1線。
烏山駅14

烏山駅15

烏山駅17

蓄電池電車ACCUMは男鹿線と烏山線での実験ですが、蓄電池の性能がもっと向上しないと一般化は難しいのではないかと。
むしろGV-E400のようなディーゼル・エレクトリック方式が暫くの間、主流になるのではないかと思っています。
烏山駅16

以上です。

鉄道コム

東北本線小山駅

こんばんは。
今回は小山駅です。
小山駅01

佐野駅から27分、東北本線、両毛線、水戸線と東北新幹線が接続する結節点となっております。
小山駅02

新幹線乗り換え口は改札機が比較的多く、当駅での新幹線乗換需要が伺えます。
小山駅03

改札口。間口は広く、将来の拡張性を確保しています。
小山駅05

西口。駅前は商業地となっております。
小山駅06

振り返って、駅舎。シンプルな佇まいです。
小山駅07

小山駅10

駅西口周辺には昭和な感じの商店なりが多いです。
小山駅08

小山駅11

こちらは再開発で建てられたロブレ。
小山駅09

自由通路を渡り、こちらは東口。
小山駅16

こちらは森永製菓小山工場跡地ならびに日本製粉小山工場跡地を再開発した、新しい市街です。
小山駅15

知らない大学ですが、おかげで比較的若年層の多い街です。
小山駅14

この撮影のときにすっかり失念していたのですが、東光高岳の引き込み線が北側にあります。
LRTとして整備したいようですが、貨物線なのでできれば貨物を優先していただきたいのと、もし本当に作るのなら「低床」LRTではなく、「高床」LRTにして小山駅に直接乗り入れるほうが利便性が向上するのでより望ましいのではないでしょうか。
他社からの譲渡車両を利用できる可能性が高いのもメリットになります。
小山市の資料では富山市LRTを参考にされていますが、参考にすべきは京阪京津線ではないかと思います。
(バス輸送で充分な輸送量のような気もするので、そもそも必要ない可能性がありますが…)

以上です。

鉄道コム

佐野駅

こんばんは。明けましておめでとう御座います。
今年もよろしくおねがいします。

今回は佐野駅です。
佐野駅01

佐野駅は東武佐野線と両毛線の接続駅となっております。
佐野駅02

東武佐野線佐野駅は島式ホーム1面2線。
佐野駅03

両毛線ホームも島式ホーム1面2線。両駅間は橋上駅舎ですが、乗り換え改札の設置はありません。
乗り換え需要が少ないのでしょうか?
佐野駅04

東武線改札。
佐野駅06

佐野駅07

橋上駅舎から。右が佐野線、左が両毛線です。
佐野駅05

城山公園口。佐野城跡に直接つながっています。
佐野駅08

来訪時は確か11月初旬。まだ紅葉が始まったあたりでした。
佐野駅09

芝生広場と公園。
佐野駅10

佐野城は佐野氏が築いた平山城ですが、整備途中で改易されたためそのまま廃城となったそうです。
佐野駅11

その後佐野藩は堀田氏により再開しましたが、陣屋は別の場所に建造されたため城は使われておりません。
佐野駅12

佐野駅13

史料館もあります。
佐野駅14

本丸跡は庭園風公園となっています。
佐野駅15

佐野駅16

佐野駅17

案外人が少ないので、穴場的な憩いの場のようです。
佐野駅18

佐野駅19

自由通路を渡り反対側へ。
途中のJR改札。
佐野駅20

佐野駅21

こちらは駅前広場などが整備されています。
佐野駅22

バスケくらいならできそうな広場。なにもないのはもったいないですね…
佐野駅23

結構利用者は多い印象です。
佐野駅24

佐野駅25

駅舎はモダン風デザインぽいです。
佐野駅26

駅周辺は低層な街並み。
佐野駅27

佐野市のマスコットキャラクター、「さのまる」
佐野駅28

駅に戻り、今度は両毛線で小山駅を目指します。
佐野駅29

佐野駅30

佐野駅31

以上です。

鉄道コム
プロフィール

うぃちた

Author:うぃちた
兵庫県某所出身。
2015年4月から奈良に移住
2017年10月から青森に転勤予定
鉄分多め、時々空・海模様?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログランキング

人気ブログランキングへ
乗客数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
425位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる